FC2ブログ
  • 点鼻ワクチン登場
    この度、犬用の点鼻ワクチンが登場しました。ボルデテラ・ブロンキセプチカ、犬パラインフルエンザウィルス、犬アデノウィルス(2型)の3種混合ワクチンです。この表のとおり、特にボルデテラ・ブロンキセプチカはケンネルコフの病原体の一つで、呼吸器病を呈する犬から最も多く見られるものです。ケンネルコフは体力や免疫力の弱い幼犬や老犬で重症化することもあるので、これらの犬にワクチネーションできるのはとても価値があると...
  • 肛門嚢自潰(こうもんのうじかい)
    8歳7ヶ月の女の子です。お尻から膿が出るとのことです。室内飼育ですが、もう一匹飼っていますのでケンカでもしたのでしょうか?この位置にある構造物として肛門嚢があります。犬や猫には個々を識別する臭い袋を持っています。アポクリン腺と呼ばれる分泌腺がり、強烈に臭いです。肛門嚢に溜まった分泌液は排便時に肛門の排出口から排出されますが、炎症などで出口が塞がれるとこのような位置(黒い円内)で皮膚に穴を開けて血膿が出...
  • 歯肉エプーリス
    5歳6ヶ月のミニチュア・シュナウザー、男の子です。歯肉に大きなできものがありますね。歯周病です。歯石や動揺歯、歯肉炎がひどいですね。こういった慢性炎症が歯肉に大きな出来物を作る原因になります。エプーリスと呼ばれる増殖性良性病変です。歯周病により使い物にならなくなってしまった歯を抜歯します。放っておくと全身疾患の原因になります。切除した歯肉のデキモノです。外観上エプーリスですが、念の為に病理検査は行っ...
  • 最近多いですね
    この時期は野良猫ちゃんの去勢手術、避妊手術の依頼が多いですね。今日は女の子ですから避妊手術ですね。5匹の子猫を生んだ後だそうです。子猫も大きく成長したのでいよいよ手術です。乳房もまだ大きいですね。子猫が成長したらすぐにまた妊娠することもできます。野良猫ちゃんにも当然惜しみなくPKシステムを利用します。野良猫ちゃんは手術後の入院がとても困難です。閉じ込められることの恐怖心からかえって安静になりません。...
  • 食欲が無い
    15歳5ヶ月のミニチュア・ダックスフンド、女の子です。食欲が無いようです。他に症状はありません。多くの病気は食欲が無くなるため、これだけの情報で病気かを判別するのは大変難しいです。血液検査では大きな異常がありませんでした。胸部レントゲン写真(右横臥位)です。特に心肺系は問題ありませんでした。腰のレントゲンも撮影しましたが、ヘルニアなどはないようです。腹部の超音波検査を行いました。腎臓(紅い円内)に腎嚢胞(...
  • 猫の黄疸
    8歳の猫、男の子です。6日前から徐々に食欲がなくなり、ついには食べなくなったそうです。他に大きな症状はありませんでした。血液検査で血漿が黄色くなっています。黄疸です。黄疸の原因は、溶血性、肝原性、胆汁うっ滞性があります。本ケースは貧血、溶血像がないので溶血性は除外されます。しかし、肝酵素、GPTが1000以上です。正常値が84までですから、大きく上昇しております。また、胆管系の酵素も肝臓の酵素ほどの上昇率で...
  • 退院、おめでとうございます
    先週の診断後、すぐに胆のう摘出手術を受けていただきました。診断通り、胆のうが大きく膨らんでいます。今日で1週間、順調に回復したので退院です。胆のう内には膿も認められ、感染があるようです。発熱の原因はこれだったんですね。放っておけば、胆のう破裂して腹膜炎を起こすところでした。良かったですね、お大事に。ファミリー動物病院...
  • 臍ヘルニアの整復
    1歳4ヶ月の男の子です。最近おへそのあたりが大きくなってきたとのことです。臍ヘルニアです。通常は成長とともに閉鎖されることもありますが、大きくなって来たのであれば心配ですね。腹腔内からの脂肪組織が見られます。やはり腹壁に穴が開いてました。吠えたり排便・排尿時にいきむなどの腹圧が上がる行為はこの穴を大きくし、腸が飛び出すこともあるので整復しておく必要があります。非吸収糸で穴を閉じます。日帰り手術になり...
  • 病理結果
    先日手術した病理の結果、やはり肥満細胞腫でした。猫の肥満細胞腫は犬のものと比べて挙動がおとなしいものもありますが、多発するものは要注意です。脾臓などの内蔵に転移するものもあるので、今後も定期的に経過を見ていくのが良いでしょう。お大事に。ファミリー動物病院...
  • 煮干しに注意?
    出汁をとり終えた煮干しだそうです。長さは4、5cmといったところです。煮だした後なので、骨を感じることもなく、とても柔らかいです。しかし、これを食べた瞬間からノドにつっかえたような仕草を取るということでした。ご飯も水も普通に摂取できるようで、特に飲み込みにくそうでもないそうです。ずっとむせてるわけでもありません。11歳5ヶ月のシーズー、女の子です。口の中を見ても煮干しはなさそうです。飲食、呼吸は通常通り...

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ