fc2ブログ

犬の腹膜炎


9歳6ヶ月のチワワ、男の子です。突然吐き始めたとのことです。水を飲んでも吐いてしまうそうです。腹部の超音波検査を行ったところ、お腹の中に液体が溜まっています。なおかつ、胆のうと呼ばれる臓器の形がおかしいです。胆のう内には胆汁という液体が存在しているため、超音波検査上では黒く描写されます。袋状の構造物なので、円形なのですが、角のように尖ったところがあったりと、円形構造をしておりません。潰れてしまったように見えます。


お腹にたまった液体を回収して原因を探ります。液体は黄褐色で、血液は少し混じっていますが、出血ではありません。成分を調べると、ビリルビンを大量に含んだ液体であることから、やはり胆のうが敗れてお腹に漏れ、腹膜炎を起こしたようです。犬の腹膜炎の原因では多いほうかもしれません。動物がショック状態だったので、状態をやや整えたら外科となります。しばらく入院です。ファミリー動物病院

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ