fc2ブログ

犬の子宮内膜炎


年齢不詳、ミニチュア・ダックスフンドの女の子です。特に元気も食欲もありましたが、陰部よりオリモノが出ています。


腹部のレントゲン写真を撮影すると、健常では写りこみにくい子宮がはっきりと白く描写されております。血液検査でも白血球の上昇が見られ、細菌感染が示唆されます。


子宮蓄膿症の大きな特徴である多飲多尿もまだ無いぐらい初期だったので、早速外科手術を行いました。診断通り、腫れ上がった子宮が出てきました。


摘出した子宮を切開してみると、炎症を起こした子宮は厚く肥厚し、炎症産物で満ちていました。子宮内膜炎、及び子宮蓄膿症です。子宮は独立した臓器のため、病気になっても症状が出てくるのは進行してからのことが多いです。今回早期に治療できてよかったです。お大事に。ファミリー動物病院

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ