fc2ブログ

猫の粟粒(ぞくりゅう)性皮膚炎


年齢不詳の外猫ちゃんです。たまたま世話をしている方は、女の子だと思っていましたが、男の子でした。両耳をかきこわし、右の額や鼻先にもブツブツした皮膚病変、いわゆる丘疹が見られます。疥癬や耳ダニなどの外部寄生虫はいませんでした。外へ行く猫は、草むらなどに顔から進入するため、接触性アレルギーや蚊、ダニ、ノミなどの虫の刺傷によるアレルギーがよくみられます。特に夏に多いです。鼻の先や耳介などに丘疹ができ、痒みがあるのが特徴です。ボツボツした病変から粟粒性皮膚炎と呼ばれます。


治療後1ヶ月です。かなり良くなりました。治療は本来アレル源から遠ざける、すなわち外出させないのが一番ですが、外猫の場合は困難です。抗アレルギー薬の投薬、フロントラインプラスなどのノミ、ダニの駆虫が有効です。ファミリー動物病院

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ