fc2ブログ

猫の胃の腫瘍


11歳5ヶ月の猫、女の子です。最近になって吐物に血が混ざるようになりました。胃酸の強い犬や猫では時折吐物に血が混ざることがあるようですが、頻繁であれば検査が必要です。レントゲン写真では腹部の異常は発見しにくいです。立体物を平面で描写するため、各臓器が重なって映るからです。


内視鏡が理想ですが、内視鏡は全身麻酔が必要なため、動物では手軽な検査とは言えません。そこで、麻酔の必要がない超音波検査を行いました。胃壁が大きく肥厚し、腫瘍化を疑う所見が見つかりました。FNA(針による細胞診)をおこない、病理の結果を待ちます。外科手術したほうが良い腫瘍と、すべきでない腫瘍があるからです。


動物は健常時でも人に比べると吐いているところをよく見かけます。体重が減ったり、食欲が減ったり、回数が多ければ検査を受けたほうが良いでしょう。お大事に。ファミリー動物病院

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ