fc2ブログ

睾丸の腫大


12歳3ヶ月のMIX犬、男の子です。左の精巣が右に比べると大きくなったとのことでした。確かに腫大し、右の睾丸に比べても硬くなっていました。


右の睾丸の超音波検査像です。若干の萎縮はありますが、中央に白い線が入り(緑矢印)画像上正常と思われます。


腫大した左の睾丸です。先ほどの画像と比べると内部構造が崩壊しております。精巣炎または精巣癌が疑われます。


腫大した左の睾丸を摘出致しました。まだ繁殖したいとのことでしたので、右の精巣は残しました。ただ、萎縮しておりましたので念の為にFNA(注射針による細胞診)を行いました。


摘出した睾丸に割面を入れてみたところ、明らかに異常でした。病理検査に送ります。


口臭がひどく、歯周囲炎を引き起こしていました。


手術と並行してきれいにしました。


根元まで傷んでどうしようもない歯を抜きました。その隙間に魚の骨が刺さっていました。歯と歯茎の間が歯周囲炎で広がっていたので挟まったままだったようです。きれいになって良かったですね。お大事に。ファミリー動物病院

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ