fc2ブログ

気管虚脱


14歳のヨークシャーテリア、男の子です。今日は検診です。歯がないので舌が右側に出てる子です。



3日前に来た時の様子です。呼吸が苦しそうです。午後に来られましたが午前中にちゃんと他の動物病院に見せたそうですが、精神的なものですねと帰されたそうです。特徴的な呼吸音が聞こえております。いわゆる教科書的な言いかたをすればガチョウ(鳥)の鳴き声だとか機関車の音だとか。舌は青いチアノーゼを示してなさそうですが病的であることに間違いはありません。


こちらは正常と思われる犬の胸部の横向けのレントゲン写真です。レントゲン写真では空気は黒く写りますので、赤い矢印の先の黒いラインは空気の通り道である気管を指していることになります。


ところがこの子の胸部レントゲン写真を見ますと、緑色の矢印の範囲の部分だけ気管が途切れて見えております。気管は食道と違い、寝ても覚めても楽に空気が出入りできるように軟骨でその通り道が支えられております。道路のトンネルのようです。ところがその軟骨ごとつぶれてしまう病気が気管虚脱です。中高齢の小型犬で、よく鳴く子や肥満の子に多く出ます。この病気にかかると先ほどの特徴ある呼吸音や興奮時にせき込むといった症状が出ます。いわゆる呼吸困難を引き起こしますので、生命の危険を伴う病気です。この子は内服でうまくコントロールできましたが、窒息するようだと外科手術が必要です。あまり鳴いたらだめだよ。お大事に。

プロフィール

familyanimalhospital

ファミリー動物病院(調布市)の診療日誌を時間が許す範囲でつけていこうと思います。https://www.familyah-sengawa.com/
これは日々当院に来院される患者さまにその設備などをお披露目する機会がなかなかないので症例を報告しながら見ていただけたらと思います。
症例報告に当たっては我々がどのような病気と日々奮闘してきたかもご覧いただき、参考にしていただけたらと思います。
症例報告なのでやや生々しい画像も含まれることがありますので見るに当たっては自己責任にてお願いします。

月別アーカイブ